第26回 マリーンカップ(Jpn3)

【予想】
◎レーヌブランシュ
〇ショウナンナデシコ
▲サルサディオーネ
△レディバグ
△メモリーコウ
△クールキャット

 エンプレス杯は残り200で一旦先頭を窺いながら3着に終わったレーヌブランシュ。やはり最終的には出遅れが影響した感じ。金沢JBCの走りから千六はこなせるはず。デキ落ちもなく見直し。ショウナンナデシコ、サルサディオーネの先行2頭が本線。

【レース】
 例によって好スタートを決めたサルサディオーネの逃げ。ショウナンナデシコが2番手に行き、レディバグとメモリーコウが併走追走。レーヌブランシュ、クールキャットと続きスローに近い平均。抑え切れない手応えで馬体を合わせに行ったショウナンナデシコが直線に向くと即座に先頭。二の脚を繰り出してワンサイド勝利を収めました。サルサディオーネがギリギリ踏ん張って2着。

【上位馬の寸評】
1着 ショウナンナデシコ
 この日はマイナス1キロの479キロ。ここのところ480キロ均一。馬体減りなく好調キープ。レースは出たなりに2番手。折り合いスムーズ、尚且つ抜群の行きっぷり。勝負処からスーッと動いて4コーナー併走。直線に向くとすぐさま先頭。吉田隼人騎手が追い出すと後続を一気に突き放しワンサイド勝利。距離万能とはいえ千六あたりが一番合っている感じで、牝馬同士では勝負付けが済んだ。

2着 サルサディオーネ
 この日はプラス4キロの529キロ。これも近況520キロ台で安定して順調そのもの。レースは抜群のスタートセンスで飛び出し楽にハナ。この馬としては溜め逃げ。必然的にサルサディオーネにジカ付される形。勝負処からは相手に煽られる感じで手応え劣勢。4コーナーで並びかけられ、直線に向くと先頭を譲る格好。それでも2着に踏ん張り意地を見せました。相手の充実に脱帽。

3着 レーヌブランシュ
 この日はプラス8キロの474キロ。入念に調教を積まれての馬体増好感。レースはスタートひと息でもルメール騎手が気合をつけて内5番手から。勝負処から追い上げを図り4コーナーでは3馬身差の3番手に上がりましたが、勝ち馬には差を広げられ、サルサディオーネも捕まえ切れずに3着。完全なスピード負けで、やはりこの馬はもう少し距離が欲しい。

4着 メモリーコウ
 この日はプラス2キロの476キロ。馬体をフックラ映して好調。レースは和田騎手が気合をつけて3番手の外併走と積極的な競馬。ただし勝負処からややポジションを下げ、苦しい態勢で直線は内へ。結果は2着争いからも大きく後れを取っての4着。力差を痛感。

5着 レディバグ
 この日はマイナス3キロの447キロ。仕上がり切った馬体で毛ヅヤひと息。レースは好スタートを決めて離れた3番手から。ポジションを死守して終始経済コースを立ち回りましたが、決定的な差をつけられての5着。

第25回 クラウンカップ(S3)

【予想】
◎フレールフィーユ
〇ライアン
▲アイウォール
△ノブレスノア
△ミゲル
△リヴィフェイス

 トライアルでは単騎マイペースのリヴィフェイスをキッチリ差し切ったフレールフィーユ。追って味があり今後距離延びて走ってきそう。実績上位馬が決定打今イチなら、この馬の勢いを重視。ライアン本線に流す。

【レース】
 注目の先行争いは意外にスンナリ決着がつき、外枠からリヴィフェイスがハナに行って2番手にリゲル。外に回してフレールフィーユが3番手、その内にアイウォール。ライアンは中団外。ノブレスノアはダッシュ鈍く後方から。スローを見計らって残り800から一気に動いたのが矢野フウトで3番手に進出。やや置かれたフレールフィーユも3、4コーナーからマクって出て接近、内でアイウォールが応戦。2馬身差で直線に向いたリヴィフェイスが逃げ込みを図りましたが、ゴール前でフレールフィーユが交わしてトライアルと同じワンツー。

【上位馬の寸評】
1着 フレールフィーユ
 この日はプラス7キロの476キロ。更に中身が充実して好仕上がり。レースは外から主張する馬を行かせて外に切り替え3番手から。残り800から一気にペースアップした際に少々置かれましたが、和田騎手が馬の気力を奮い立たせるように追って追走。4コーナーでは2番手の外。最後の直線は懸命に逃げ込みを図るリヴィフェイスをゴール前キッチリ差し切りました。レースレベル自体に疑問符は付きますが、距離延びていいタイプでクラシック路線でも注目。

2着 リヴィフェイス
 この日はプラス3キロの458キロ。大きな変化は感じませんが、馬体を維持して順調。レースは森騎手が気合をつけて自然にハナ。向流しでペースダウンした際にフウトが一気にマクり切る気構えで並んできましたが、抵抗して譲らず。2馬身リードして直線に向き逃げ切りを図りましたが、ゴール前差し込まれて2着。緩急をつけずにもう少し緩みない流れで引っ張った方が良かった可能性もありますが、ほぼ力通りの競馬。距離延びていいかは微妙。

3着 フウト
 この日はプラス4キロの494キロ。ひと息入りましたが太目感なく好仕上がり。適度な気合乗り。今回もシャドーロール装着。レースは外5番手からですが、向流しで極端にペースが緩んだところを一気に動いて先頭を窺う勢い。相手の抵抗で2番手追走の形。4コーナーではやや置かれ気味になりましたが、それでも踏ん張って3着を死守。矢野騎手の好判断で健闘。

4着 アイウォール
 この日はマイナス3キロの500キロ。馬体を大きく見せて好調そのもの。レースは好スタートから無理なく内4番手。勝負処からペースアップした際も懸命に追って追走。4コーナーでは3番手のイン。ロスなく立ち回り流れ込んでの4着は、現状目イチの競馬。

5着 ノブレスノア
 この日はマイナス3キロの473キロ。連闘敢行ですが、極端な馬体減はなく意外に落ち着きもありマズマズ。レースは逃げも予想されながら意外に行き脚がつかず腹を括った待機策。よもやの後方10番手から。それでも我慢が利いてひと脚使い5着。即形になるかは微妙ですがひと筋の光明。

7着 ミゲル
 この日はマイナス4キロの479キロ。ひと息入りましたが、仕上がり早のタイプでキッチリ。レースは出たなりに2番手を進みましたが、ペースアップした際にスムーズに対応できずやや置かれ気味になり、特に見せ場がないまま終了。レース巧者として鳴らすこの馬としては不本意な競馬。基本的には短目の距離ベター。

11着 ライアン
 この日は増減なしの468キロ。馬体をキープして順調。レースは今野騎手が気合をつけて外6番手から。ただし道中のペースアップに対応できずリズムの悪い競馬になり殿りに大敗。乱戦に平和賞は差し切りましたが、器用さを要求される緩急のある流れは合わないということか。乗り難しいタイプ。

第45回 京浜盃(S2)

【予想】
◎シャルフジン
〇プライルード
▲ナッジ
△シルトプレ
△マイブレイブ

 雲取賞は単騎マイペースで危なげなく逃げ切ったシャルフジン。乱戦のJBCでも先行見せ場のスピード能力非凡。今回は同型いても、無理なくハナに行けそうだし、距離の短縮も歓迎で勝てるとみました。プライルード本線。

【レース】
 内からノブレスノアが主張する構えでしたが、スピードで上回るシャルフジンが内に切れ込むようにハナ。その際にコーナーでゴチャついて不利を被る馬も。それとは別にシルトプレも気難しさを露呈して大きく置かれる波乱の滑り出し。フォラステロが2番手に行き、立て直したノブレスノアが3番手。同じく不利を被ったマイブレイブが外4番手。巧く内に潜り込んだのがカイル。中団インにプライルード、その外にナッジ。シルトプレは殿りから。馬場を考えるとスローペース。快調に逃げるシャルフジンが2馬身リードして直線へ。内から2番手に上がったカイルが終い肉薄しましたが、凌ぎ切ってシャルフジンの逃げ切り。追い込んだナッジが3着。

【上位馬の寸評】
1着 シャルフジン
 この日はマイナス2キロの485キロ。スカッと仕上がったシャープな体つき。程良く気合も乗って好調キープ。レースは好スタートから内に切れ込むようにハナ。道中はペースを落として溜め逃げの形。勝負処からリードを広げて2馬身差で直線へ。最後カイルに脅かされましたが、凌ぎ切って1着ゴール。完成度の高さを見せつけました。距離が延びていいかは微妙ですが、昨年のダービー馬アランバローズと同じヘニーヒューズ産駒でこなす可能性。

2着 カイル
 この日はマイナス3キロの463キロ。少々間隔はあきましたが、馬体を大きく見せて、弊社佐藤トラックマンの報告通りの好仕上がり。レースは本橋騎手が気合をつけて内5番手から。経済コースをスムーズに進めて3番手から4コーナーでは2番手。最後の直線は外に切り替えて脚を伸ばしクビ差まで迫った処がゴール。不利を被った馬がいるのに対し、こちらは理想的な競馬を展開しましたが、単騎マイペースのシャルフジンに肉薄は注目すべき好内容で今後も注目。

3着 ナッジ
 この日はプラス4キロの490キロ。馬体の張りを保ち好気合。前回装着のチークはなし。レースは出たなりに外8番手から。3コーナー過ぎに動いて一旦内目に寄せ、最後の直線は外へ。矢野騎手がロスなく運んで差を詰めてきましたが、先行ペースに展開負け。次走での巻き返しは十分。

4着 プライルード
 この日はプラス9キロの495キロ。本年初出走でやや余裕の造り。気合乗りは十分。レースは出たなりに内7番手から。無理なくポジションを上げて最終コーナーでは内4番手。加速をつけて外に持ち出し追ってきましたが、案外伸び悩んで4着。正直不満の残る内容ですが、やはり微妙に重かったのか…。次走で真価を問いたい。

5着 シルトプレ
 この日はプラス1キロの462キロ。馬体をキープして適度な気合乗り。レースは真島騎手が多少気合をつけて出ましたが、コーナーで気難しさを露呈して大きく膨れるアクシデント。直接的な不利はなかったと思いますが、周りがゴチャついてパニック状態になったのか…。結局殿りからの競馬になり正味直線だけの競馬。内を突いて一応掲示板を確保しましたが不本意な一戦。当然巻き返しに期待ですが、今回のレースぶりから多頭数になると心配も。

第25回 京成盃グランドマイラーズ(S2)

【予想】
◎モジアナフレイバー
〇カジノフォンテン
▲ティーズダンク
△スマイルウィ
△ギガキング
△グレンツェント
△ラッキードリーム
△ハイランドピーク

 全国を股にかけて活躍。依然として最強レベルの実力を維持しているモジアナフレイバー。距離万能だが、南部杯で2年連続ハイレベルの走りを展開と、千六が一番似合う。この斤量なら譲れないとみました。当然カジノフォンテン本線。

【レース】
 森騎手が気合をつけてケラススヴィアがハナ。スマイルウィが2番手に行きモジアナフレイバーは内4番手から。その外にギガキング、カジノフォンテン。中団外にティーズダンクでペースはスローに近い平均。抜群の手応えで4コーナー先頭に並びかけたスマイルウィが最後の直線では即先頭を奪い、カジノフォンテンの追撃を退けて1着ゴール。

【上位馬の寸評】
1着 スマイルウィ
 この日はマイナス3キロの564キロ。迫力満点の馬っぷりに磨きが掛かり申し分なし。レースは例によって抜群のスタート勘で飛び出し矢野騎手が持ったままで外2番手。勝負処から後続も迫ってきましたが、直線に向くまで極力追い出しを我慢。残り300で先頭に立ち、カジノフォンテンの追撃を抑えました。脚質に幅が出てマイラーとして完成の域に。

2着 カジノフォンテン
 この日はマイナス14キロの531キロ。太目絞れて気配アップ。レースはスタートひと息。6番手、馬込みの中で辛抱の競馬。勝負処から追って追い上げ外へ。手応えの割に渋く脚を伸ばして肉薄は、斤量差を考えればさすがという競馬。これで当レース3連覇。かしわ記念連覇に向けて視界良好。

3着 ギガキング
 この日はマイナス3キロの467キロ。前走の報知グランプリカップ当時と同様に、適度な気合乗りで毛ヅヤも上々。レースは和田騎手が気合をつけて外5番手から。勝負処からマクり上げて4コーナー3番手に取り付きましたが。追い比べで後れを取り3着。ほぼ力通りの競馬。

4着 モジアナフレイバー
 この日はプラス3キロの517キロ。活気があり年齢を感じさせません。レースはスタートひと息でも、ペースが落ち着き楽に内4番手。スムーズに流れに乗って最後の直線も内を狙いましたが、意外に伸びを欠いて4着。年齢的なものもあり今後も過大評価は禁物ですが、ジックリ差しに構える競馬の方がいいのかも。

5着 ハイランドピーク
 この日はマイナス8キロの468キロ。別段細目感はなく順調な仕上がり。レースは好スタートを決めましたが、ジックリ後方10番手から。直線だけで終い詰めて5着。もう少し距離があった方がいいタイプ。年齢的な衰えは感じません。

8着 ティーズダンク
 この日はマイナス6キロの511キロ。ひと息入りましたが、ビシッと攻められて仕上がり上々。レースは好スタートから外7番手。勝負処から押し上げ5番手まで進出しましたが、脚が続かず案外な結果に。この馬の場合はもう少し脚抜きのいい軽い馬場が合うのかも。

第67回 ダイオライト記念(Jpn2)

【予想】
◎ミューチャリー
〇ノーヴァレンダ
▲ヴェルテックス
△エルデュクラージュ
△メイショウカズサ
△ダノンファラオ
△トーセンスーリヤ

 ここ一連の走りからは完全に最強ランクの仲間入りを果たしたミューチャリー。意外に地元の出走回数は少ないが、もちろん何ら問題なし。仕上がりも伴っているので連軸信頼。ノーヴァレンダとの南関ラインを重視。

【レース】
 メイショウカズサに意外に行き脚がつかず、無理なくノーヴァレンダが逃げる格好。3番手にダノンファラオ。エルデュクラージュ、トーセンスーリヤと続いて中団インにミューチャリー。外にヴェルテックス。ペースは平均。向流しに入るとダノンファラオが2番手に上がりノーヴァレンダを追い駆ける形。一気に動いたのがエブリワンブラックで3番手に進出。3コーナーから馬体を接したまま前2頭は直線へ。二の脚を使って突き放したノーヴァレンダが1着ゴール。甘くなったダノンファラオを交わしてエブリワンブラックが2着、ミューチャリーが3着。

【上位馬の寸評】
1着 ノーヴァレンダ
 この日はプラス14キロの549キロ。少々うるさい面も見られましたが、馬体増は全く問題なく太目感なし。充実顕著。レースは森騎手が内のメイショウカズサの出方を窺いつつ先行、無理なくハナへ。マイペースに持ち込み快調な逃げ。勝負処から絡んできたダノンファラオに一旦は交わされる気配もありましたが、抵抗して併走直線へ。直線半ばではこれを振り切って単騎先頭。追い込み勢も寄せ付けませんでした。更に上が狙える勢い。

2着 エブリワンブラック
 この日はプラス4キロの489キロ。馬体をフックラ映して好気配。レースは戸崎騎手が多少気合をつけて内9番手から。向流しに入ると外に持ち出して一気にスパート。3番手に押し上げる積極策。前2頭を追い、最後の直線は甘くなったダノンファラオを捕らえて2着。戸崎騎手の好判断もありますが大健闘。

3着 ミューチャリー
 この日はプラス8キロの472キロ。輸送のない地元戦ということで、リラックスして気負いなくパドックを周回。馬体も増やして文句なし。レースは急遽手替わりの本橋騎手で出たなりに内8番手から。いい感じの滑り出しでしたが、向流しでエブリワンブラックが動いた際に、やや窮屈な処に入り踏み出しが少々遅れたのが誤算。4コーナーではまだ離れた5番手。追い上げ及ばず悔いの残る3着。次走で改めて期待。

4着 ダノンファラオ
 この日はマイナス2キロの536キロ。懸念された重目残りはなくパワフルな好馬体に適度な気合乗り。レースは坂井騎手が気合をつけて外3番手から。折り合いスムーズに行きっぷり上々。後退するメイショウカズサを尻目に早々に2番手。2周目3コーナーではノーヴァレンダを交わす勢い。馬体を接して直線に、向きましたが、相手の頑強な抵抗に力尽き、最後は脚が止まって4着。この馬の力は出し切りました。

5着 セイカメテオポリス
 この日はマイナス4キロの536キロ。初コースを気にすることなく悠然と構えて好調キープ。レースは例によって後方からの競馬。2周目勝負処から追い上げ4コーナーでは離れた4番手。ミューチャリーと一緒になって追い上げ5着は、展開に乗じた面があるとはいえ成長を窺わせるモノ。長距離路線が定着して好走パターンが確立。

6着 ヴェルテックス
 この日はプラス9キロの528キロ。太目感なく馬っぷり上々。毛ヅヤもいい。レースは横山騎手が気合をつけて外8番手から進みましたが、勝負処から他馬のスパートに乗り遅れて前とは大きな開き。前5頭から千切られた6着は、堅実駆けが売りのこの馬としては意外な崩れ方。いくらかピークを過ぎたのか、こういった馬場は合わないのか…。

9着 メイショウカズサ
 この日はマイナス16キロの480キロ。攻め強化して絞ってきたと判断。レースはテン乗りの幸騎手が当然先手主張の構えでしたが、意外に行き脚がつかずノーヴァレンダにハナを譲る形。これでは競馬にならず早々に後退。常にレースのカギを握る馬ですが、人気ほどの信頼性?

第68回 桜花賞(S1)

【予想】
◎ヒストリックノヴァ
〇スピーディキック
▲スティールルージュ
△エミーブレイズ(競走除外)
△クールフォルテ
△ラインブレイカー

 JRA1勝馬で交流重賞でも結果を出してきたヒストリックノヴァ。前哨戦のユングフラウ賞は不利甚大。ここは枠順込みで巻き返しに期待。当然スピーディキック本線。

【レース】
 好枠を利してラインブレイカーの逃げ。スティールルージュ、ヒストリックノヴァと続いて内4番手にクールフォルテ。中団にティーズハクア。大外のスピーディキックは御神本騎手が極力ロスを避けるために序盤は慎重に後方から。ペースはやや速目。勝負処から動いたティーズハクアが3番手に接近。これを追うようにスピーディキックも進出。4コーナー大外に回したスピーディキックが残り200で先頭に立ち力の違いをアピール。2着ティーズハクアで差し決着。

【上位馬の寸評】
1着 スピーディキック
 この日はプラス9キロの476キロ。トライアルを回避してジックリ調整を図った甲斐があり、馬体を増やして好仕上がり。レースは大外を考慮して御神本騎手が仕掛けて出ず徐々に内に入れる形。向流しで進出を開始も、ペースを読んで大事な運び。先に動いたティーズハクアを追うように進出して4コーナー大外。残り200で先頭に立ち危なげなく1冠目をゲットしました。明らかに力が違うという競馬。今後は距離の克服が課題。

2着 ティーズハクア
 この日はマイナス5キロの492キロ。初コースでも落ち着きあり馬体もキープ。レースはこれも御神本スピーディキックと同様に慎重な滑り出し。ちょうど馬群がバラけた処でソツなくラチ沿いに進路変更。ロスなく進めて勝負処から反応良くスパートして4コーナー3番手。最後は勝ち馬の切れ味に屈しましたが、鞍上の巧みなリードで2着は大健闘。

3着 クールフォルテ
 この日はプラス7キロの489キロ。少々テンションは上がり気味でしたが、使う度に馬体を増やして成長確か。レースは笹川騎手が気合をつけて内3番手から。道中の折り合いスムーズに追走。勝負処から後続が仕掛けて来ましたが、内で応戦して4コーナーでは2番手グループの最内。結局イン粘りで目イチの3着ですが、追い込み決着で致し方ない面も。レース巧者で崩れない。

4着 トキノゴールド
 この日はマイナス9キロの477キロ。馬体が引き締まり気合も乗って好仕上がり。レースはダッシュ利かず最後方から。向流しから徐々に差を詰めてきましたが、4コーナーでもかなり前と隔たり。それでも大外詰めて見せ場を演出しての4着。展開に乗じたとはいえ、距離を千六に延ばしてこの走りができたのは収穫。

5着 ラインブレイカー
 この日はプラス3キロの494キロ。数字ほどのボリューム感はありませんが、懸念したイレ込みはなく適度な気合乗り。レースは内枠から出たなりの逃げ。少々速目でもこの馬のペース。1馬身のリードを保って直線に向きましたが、差し馬勢に殺到されて掲示板入線が一杯。流れ的に致し方ない結果。

8着 ヒストリックノヴァ
 この日はマイナス6キロの483キロ。遠征慣れしており、馬体をフックラ映して好気配。レースは矢野騎手が気合をつけて外3番手を進みましたが、早々に手応えが怪しくなり圏外へ。前走のダメージを引きずっていたのか…。

第13回 フジノウェーブ記念(S3)

【予想】
◎ルーチェドーロ
〇レッドフレイ
▲ハルディネロ
△ハートプレイス
△リコーワルサー
△ワールドリング
△リンゾウチャネル

 船橋記念は4コーナーでまだ殿りに近いポジションから鬼脚を使って肉薄したルーチェドーロ。忙しい千メートルであの競馬ができれば、イメージに合致する千四でチャンス。あ相手も転入2連勝のレッドフレイ。

【レース】
 大外でも絶好のスタートを決めたクルセイズスピリツがハナ。ルーチェドーロが2番手に行きワールドリング、リコーワルサー、ハートプレイスの並び。直後のインにレッドフレイ。リンゾウチャネルは今回控えて中団から。緩みないハイペース。4コーナー先頭に並びかけるルーチェドーロ。レッドフレイも手応え良く接近。最後の直線、満を持して御神本騎手が追い出すと弾かれたように伸びたルーチェドーロのワンサイド勝利。レッドフレイが2着で順当。

【上位馬の寸評】
1着 ルーチェドーロ
 この日はマイナス513キロ。叩かれ体つきがスッキリ。気合も乗って良化顕著。レースは五分に出てハイラップで飛ばすクルセイズスピリツの2番手を余裕の追走。折り合いスムーズ。4コーナーで先頭に並びかけ、残り300で単騎先頭。一旦レッドフレイが迫ってくるシーンもありましたが、御神本騎手が追い出すと弾かれたように伸びてワンサイド勝利。レコードに迫る好タイム。この走りができれば今後千四の交流路線で間違いなく主役候補。

2着 レッドフレイ
 この日はマイナス2キロの476キロ。スカッと仕上がった体つき。いかにも切れそうな雰囲気。レースはスタートひと息。それでも無理なく内々進出して好ポジションをゲット。内3番手から抜群の手応えで直線は外へ回す形。一旦はルーチェドーロに迫るシーンもありましたが、相手の想定の上を行くパフォーマンスの前に離された2着。完全燃焼の競馬。

3着 クルセイズスピリツ
 この日はプラス2キロの480キロ。近走はほぼ480キロ前後に固定。状態安定。レースは抜群のスタートセンスを発揮して外枠から労せずしてハナ。ハイペースでもこの馬のペース。2番手のルーチェドーロも大事に構えたので案外楽な逃げ。4コーナーで並ばれて厳しくなりましたが、辛抱が利いて3着。全く衰えは感じられず、むしろ耐久力アップ。

4着 リンゾウチャネル
 この日はマイナス2キロの506キロ。パワフルな好馬体は相変わらずで、叩いての上積み十分。レースは内枠各馬の出脚が良かったので、無理をせず中団8番手から。徐々にポジションを上げて4コーナーは外へ。追って鋭い脚がなく前には離されましたが、この競馬で4着なら地力は示した格好。この馬の場合はもう少し距離が欲しい。

5着 ハートプレイス
 この日はプラス2キロの482キロ。馬体をフックラ映して好調キープ。レースは距離を意識して今野騎手が抑え気味の競馬。ややポジションを下げてリズム? 6番手から追い上げる形で差を詰め5着。やはり千四では乗り難しく千二ベスト。

第68回 エンプレス杯(Jpn2)

【予想】
◎サルサディオーネ
〇レーヌブランシュ
▲プリティーチャンス
△ショウナンナデシコ
△ダイアナブライト
△ウェルドーン
△メモリーコウ

 昨年の当レースではマルシュロレーヌを苦しめて3着以下を離したサルサディオーネ。年齢的な衰えは感じられず、牝馬同士でスンナリ逃げられればチャンスとみました。レーヌブランシュ本線。

【レース】
 絶好のスタートを決めたサルサディオーネが楽にハナ。クリノフラッシュ、ショウナンナデシコと続いてその外にダイアナブライト、内にウェルドーン。出遅れたレーヌブランシュは一周スタンド前でポジションを上げて4番手へ。ペースはスロー。勝負処から追い上げを図ったレーヌブランシュが2番手に進出。ショウナンナデシコは内々を追って追走。最後の直線は3頭の追い比べ。一旦はレーヌブランシュが先頭を窺う気配もありましたが、内を突いたショウナンナデシコが抜け出し1着ゴール。差し返し気味にサルサディオーネが2着。

【上位馬の寸評】
1着 ショウナンナデシコ
 この日はマイナス2キロの480キロ。やや細身に映りますが、馬体はキープできていたし落ち着きもあり順調な仕上がり。レースはスタートはそう速くありませんでしたが、無理なく内3番手へ。道中の折り合いはスムーズ。勝負処からレースが動いた際は追って追走。最後の直線はインから脚を伸ばし奇麗に突き抜け1着ゴール。絶対的な強さは感じませんが、距離万能のレース巧者でとにかく崩れない。

2着 サルサディオーネ
 この日は増減なしの525キロ。ここしばらく520キロ台で推移。馬体をキープして適度な気合乗り。年齢を感じさせません。レースは例によって抜群のスタートセンス。外枠から楽にハナに行って一周ホームストレッチではペースダウン。折り合った逃げで脚を温存。最後の直線は3頭の叩き合い。残り200で一旦はレーヌブランシュに交わされる格好になりながら辛抱。ゴール前で内からショウナンナデシコに交わされたとはいえ、差し返す形で中身の濃い2着。

3着 レーヌブランシュ
 この日はプラス1キロの466キロ。馬体をフックラ映して勝利した3走前のレディスプレリュード当時と同等。レースは出遅れ。一周ホームストレッチでポジションを上げて4番手へ。勝負処から動いて最終コーナーでは2番手に進出。残り200では一旦先頭を窺う気配もありましたが、内からショウナンナデシコに抜けられ、サルサディオーネに差し返される形で3着。スタートミスが悔やまれます。

4着 クリノフラッシュ
 この日はマイナス1キロの449キロ。馬体を大きく見せて適度な気合乗り。好仕上がり。レースは好スタートから馬なりで外2番手。先行ペースに乗ってスムーズな行きっぷり。勝負処からレーヌブランシュに交わされて3番手。若干劣勢に回りましたが、辛抱強い走りで4着。前3頭には完全に力負け。

5着 プリティーチャンス
 この日はマイナス9キロの461キロ。ややテンションが上がり気味で見た目は今イチ。レースは出たなりに外6番手から。勝負処から追い上げを図り最後の直線に向きましたが、もうひと脚使える余裕は残っておらず離された5着。これも力負け。

6着 ウェルドーン
 この日はプラス5キロの500キロ。入念に乗り込まれてキッチリ仕上げてきた感じ。レースはスタートひと息。5番手からの競馬。道中の反応?でポジションを上げられず、流れ込んだ程度の6着。馬込みを気にしたのかもしれませんが、不甲斐ないレースぶり。

第14回 ユングフラウ賞(S2)

【予想】
◎ヒストリックノヴァ
〇プラチナプライド
▲ジョーストーリー
△スティールルージュ
△ロマンスロード
△ハッピースパイラル

 エーデルワイス賞で先行2着。兵庫ジュニアグランプリでもソコソコ頑張れたヒストリックノヴァ。前走の2歳優牝は勝ち馬にハマった競馬で納得の2着。レースぶりから浦和千四に不安はなく連軸に。ここから手広く。

【レース】
 スタートセンス抜群のジョーストーリーがハナ。ロマンスロード、プラチナプライドと続いてその外にスティールルージュ。スタート不利のヒストリックノヴァは、エミーブレイズなどと後方から。ペースは平均。向流しで一旦息を入れて後続を引き付けたジョーストーリーが残り600から再びペースアップ。付いて来たのがスティールルージュ。2頭が後続を4馬身離して直線へ。残り200で先頭に立ったスティールルージュが1着ゴール。スンナリ行ったままかと思われましたが、後方から長く脚を使ったエミーブイズが肉薄して2着同着。

【上位馬の寸評】
1着 スティールルージュ
 この日はプラス2キロの474キロ。大敗後ですが、馬体フックラ、落ち着きもあり好仕上がり。レースはやや躓き気味に出ましたが、大過なく外4番手から。勝負処から2番手に上がり、ペースアップして後続を振り切らんとするジョーストーリーに食らい付き離さない構え。半馬身差で直線に向き、残り200で単騎先頭。凌ぎ切りました。自力で動いて勝ち切りローレル賞の再現。当然本番でも有力。

2着同着 ジョーストーリー
 この日はマイナス5キロの462キロ。いつになく落ち着いて前走以上の気配。レースは好スタートから本橋騎手が気合をつけてハナ。大逃げの気配もありましたが、向流しに入るとペースを落として息を入れ、残り600からギアチェンジして後続を振り切る構え。食い下がってきたスティールルージュを半馬身リードして直線に向きましたが、残り200で交わされると脚が上がり何とか2着同着。勝ち馬には完全に力負け。

2着同着 エミーブレイズ
 この日はマイナス4キロの419キロ。馬体から上積みは感じませんが、意外に落ち着きがありマズマズ。レースは内9番手から。追走厳しく置かれる形になり4コーナーでも前とはかなり開きがありましたが、1頭際立つ脚いろで追い上げ2着同着。見た目とは裏腹になかなかの勝負根性と切れ味。更に展望が開けました。

4着 ピンクプラム
 この日はマイナス1キロの433キロ。ここ一連の同様の気配で順調。レースは好スタートから西騎手が気合をつけて内5番手から。勝負処でややポジションを下げましたが、追って追走。最後の直線は外に切り替えて差を詰め4着。善戦しました。 

5着 プラチナプライド 
 この日はマイナス8キロの461キロ。馬体的に特に変化はなくブリンカー装着。レースは森騎手が気合をつけて内3番手から。勝負処からは置かれ気味になり離れた4番手。最後の直線も内を突いて5着。正味目イチの競馬で上位3頭には力負け。

11着 ヒストリックノヴァ
 この日はプラス2キロの489キロ。馬体をフックラ映して程度な気合乗り。万全の仕上がり。レースは出負けした上に外の馬に寄られて挟まれ下がる不利。外8番手からの競馬になり、全く動けず大敗。完全に走る気を喪失したようで、今回に関しては基準外とみたい。

第58回 報知グランプリカップ(S3)

【予想】
◎ゴールドホイヤー
〇コズミックフォース
▲ギガキング
△キタノオクトパス
△ダノンレジーナ

 昨年の当レースは、一旦置かれながら闘志を奮い立たせて差し切ったゴールドホイヤー。以降ひと息でも体調を整えて参戦。少頭数歓迎、メンバー的にも狙い目とみました。

【レース】
 好スタートを決めたキャッスルトップの逃げは予想通り。和田ギガキングがサッと2番手に付けて大名マーク。キタノオクトパス、ダノンレジーナと続いて直後にコズミックフォース。出遅れたゴールドホイヤーは後方から。ペースは平均。手応え良く3コーナー先頭に立ったギガキングは1馬身差で直線へ。更にリードを広げて明け4歳の充実ぶりをアピールしました。これを追ったキタノオクトパスとの先行決着。

【上位馬の寸評】
1着 ギガキング
 この日はプラス6キロの470キロ。本年初出走ですが、入念に乗り込まれて馬体フックラ好仕上がり。レースは和田騎手が多少気合をつけた程度で楽に2番手。手応え良く3コーナーで先頭を奪い、1馬身リードして直線へ。更に差を広げて危なげなく押し切りました。完全な勝ちパターンとはいえ充実確かだしレース巧者ぶりに磨き。

2着 キタノオクトパス
 この日はプラス3キロの576キロ。雄大な馬っぷり。気合も乗って好気配。レースは出たなりに外3番手から。ギガキングのスパートに合わせるように進出して4コーナーでは1馬身差の2番手。最後の直線は同じ脚になり差が詰まりませんでしたが順当に変わり身。3歳時の実績やキャリアの浅い大型馬を考えると更なる上積みが期待できそう。

3着 ゴールドホイヤー
 この日はマイナス4キロの498キロ。大分体つきがスカッとして調子を上げている様子。レースは出遅れて後方7番手から。道中もポジションを上げられませんでしたが、4コーナー手前からマクって大外へ。前2頭に水を開けられたとはいえ、先行有利の馬場を考えればマズマズの内容。常識に掛からないタイプですが復調確か。

4着 サルサレイア
 この日はプラス3キロの500キロ。ややコロンと映る体型ですがこの馬なり。レースは矢野騎手が気合をつけて出たものの殿りから。直線だけの競馬で甘くなった馬を交わして4着は、目算以上の競馬。

5着 ウインターフェル
 この日はマイナス2キロの533キロ。休養前よりかなり増えていますが、黒光りする好馬体がパワーアップしていい感じ。レースは本田騎手が慎重に構えて離れた6番手から。勝負処からマクり上げて一旦は3番手に上がりましたが、そこからの伸びが案外。まだ重賞で勝ち負けのラインまでは戻り切っていないようですが、これを糧に前進期待。

7着 コズミックフォース
 この日はマイナス2キロの473キロ。少々間隔はあきましたが、活気があり好気配。レースは道中外5番手を進み勝負処では3番手に上がりましたが、最後の直線はサッパリ伸びず。脚の使い処が難しいイメージ。勝島王冠は勝ちましたが、基本的にマイルあたりがベターでは。